身近な悩み

喉の奥に白いできものができて困った

投稿日:

喉の奥に白いできものが現れたことはありませんか?その白いできものは時々ポロっと取れて出てくることがあります。このできものは、とてつもなく臭い。異臭といっても間違いではありません。その正体は 膿栓かもしれません。 私自身、膿栓を何度か経験しております。朝起きた時、会話をするときに異臭に気づきます。でも「気のせいかな?」っと思ってしまうのです。数日後、喉の奥の異物感が気になり鏡を見ると白いできものが。ここで 膿栓と気づくわけです。口臭を他人が注意することってないですよね。でも、口臭に気付いてる。そう思うと会話をするのも人に近づくのも嫌になります。 この膿栓、なぜ出来るのでしょうか? 膿栓は喉の奥にある扁桃に現れます。扁桃は体内へ細菌やウイルスが侵入するのを防ぐ免疫機能を担っている大切な部分になります。この扁桃腺にはくぼみがあり、そこに口から入ってきた細菌やウィルスの死骸が長期的に排出されず溜まってしまい、膿栓になるわけです。 次に膿栓のできにくい人、できやすい人の違いは何なのでしょうか。 1、扁桃のくぼみが大きい。 生まれ持った形態によるもの。 2、扁桃の炎症。 長期的に炎症が起きていれば細菌やウィルスの死骸も出てくることになります。このスピードに排出機能が追い付かなくなる。 3、口呼吸 鼻呼吸よりも、細菌やウィルスを喉に吸い込みやすくなります。 4、ドライマウス 口の中が乾燥すると唾液が十分でないため扁桃についた細菌等を流すことができにくくなります。 このようなことが、膿栓を作りだしている要因になるのではないでしょうか。 対処法ですが、自分で取るのはおススメできません。自分で取ろうとすると扁桃やその周りの組織に傷をつけてしまう場合があるからです。それに根本的な解決にはなりません。耳鼻咽喉科や口腔外科などの専門機関を受診しましょう。膿栓を除去、洗浄してもらうことができます。ただ、膿栓を私のように繰り返す場合もあります。なぜこうなったのか?改善策はあるのかなど診断する必要があります。普段から自分でも対処しましょう。 1イソジンなどでうがいをする。 口腔内を清潔にするという意味では習慣にすると良いとでしょう。 2、鼻呼吸をする。 口呼吸お出来るだけやめることで細菌やウィルスが直接侵入するのを防ぐことができます。就寝時に口にテープをつけると鼻呼吸になりやすくなります。慢性鼻炎の方は耳鼻咽喉科に相談してみましょう。 3、扁桃の切除術 膿栓をできにくくする。ただし、再発する場合もあるようです。医療機関に相談してみましょう。私の場合、ストレスにより心も体も弱っている時に風邪をひき膿栓ができたように思います。こういった心と体のバランスも関係してるのではないでしょうか。いかがでしたか? 人との関わりにおいてコミュニケーションは重要なものです。目に見えないものに邪魔されたくはないですよね。口臭の悩みがクリアになれば、また一歩相手との距離が近づくはずです。

-身近な悩み

Copyright© 身近な悩みドットコム , 2018 AllRights Reserved.