身近な悩み

顔のシミが多い悩みを暴露します

投稿日:

顔のあちこちにシミが目立つようになってきました

中学生、高校生のころに、運動部に所属し、日差しのきついなか紫外線をたっぷりと浴びながら運動場で練習してきたことが原因と思われますが、若いころから顔のあちこちに出来たそばかすが気になっていました。

それでも若いころはまだ、まわりの友達や家族に、顔にそばかすがあるね、と言われてちょっと気になる、といった程度でしたが、ある程度年を重ねた今となっては、そばかすではなく、シミ、となってしまい、大きな悩みのひとつとなっています。

とにかく日焼け、紫外線を浴びることの怖さを気にしていなかったことをとても後悔しています。

中学生、高校生のころの私は、少しくらい日に焼けた肌のほうが、かっこよく見える、くらいに思っていたのです。そのころの自分を捕まえて、日焼け止めをしっかり塗りなさい、塗っておかないと将来シミがいっぱいできて後悔するよ、と説教してやりたいです。

今、顔中にできたシミの数の多さに悩み、なんとかして目立つシミを隠したい、少しでもいいから改善したい、と思っています。

シミを隠すため、毎日の化粧に、コンシーラーの使用はかかせません。

そのコンシーラーについても雑誌やインターネットでシミを隠すのに効果的なもの、評判のいいものを選び、どのように使用すればシミを少しでも上手に隠すことが出来るのか、いろいろな工夫を重ねています。

コンシーラーなどである程度シミを目立たなくすることは可能ですが、出来てしまったシミを薄くすることや、なかったことのように消し去ることはなかなか難しいのが現状です。

美白化粧品がシミには効果があります、という記事を雑誌などで見かけますが、それはシミの増加、シミが出来るのを防ぐ、というのに効果がある、ということなのです。

出来てしまったシミを消す、薄くするには、レーザーの治療やピーリングなどといった美容専門の医療機関の手助けが必要になるため、簡単に気軽にチャレンジできないのが残念なところです。

ですので、私はこれ以上、シミを増やさないように、美白化粧品を使用すること、シミの増加を防ぐといわれているビタミンが配合されたサプリメントを取るようにしています。

もちろんこれ以上紫外線を浴びて日焼けすることがないように、ちょっとした外出時にも日焼け止めをしっかり塗り、日差しのきつい季節には日焼け止めだけでなく、帽子や日傘も合わせて使用することで徹底的に紫外線をカットするようにしています。

-身近な悩み

Copyright© 身近な悩みドットコム , 2018 AllRights Reserved.